離婚・相続・債務整理・交通事故など無料法律相談なら大阪サクシード法律事務所

お電話でのご予約受付時間:平日(月〜金)9:30〜18:30

事前のご予約で土曜相談も可能 TEL:06-6365-6105

弁護士費用って、いったい何?

弁護士に依頼するときの費用には、弁護士報酬と実費の2種類があります。

弁護士報酬には、法律相談料、書面による鑑定料、着手金、報酬金、手数料、顧問料、タイムチャージ(時間制)、日当および着手前調査費用があります。

弁護士報酬

法律相談料 法律相談の対価のことです。
書面による鑑定料 書面による法律上の判断または意見の表明の対価のことです。
着手金 結果に成功、不成功があるときに、結果にかかわらず弁護士が手続を進めるために着手時に支払う、いわばファイトマネーです。
なお、報酬金とは別で、手付ではありません。
報酬金 結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことです。
したがって、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。
手数料 契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続で完了する時の対価です。
顧問料 顧問契約によって継続的に行う一定の法律事務の対価のことです。
タイムチャージ 執務時間に基づき時間単位で定まる対価のことです。
日当 弁護士が遠方に出張しなければならない場合、移動によって時間を費やしたことに対する対価のことです。交通費、宿泊料とは別です。
着手前調査費用 受任前に事務処理を行ったが、受任に至らなかった場合の対価のことです。

実費

依頼事件の処理に要する収入印紙代、郵便切手代、コピー代、交通費、通信費、宿泊料等です。

委任契約書について

実際に弁護士に依頼する時に委任契約書が作成されます。

委任契約書の内容をよく確認し、疑問点があれば遠慮なく弁護士におたずねください。

継続相談のご案内