離婚・相続・債務整理・交通事故など無料法律相談なら大阪サクシード法律事務所

お電話でのご予約受付時間:平日(月〜金)9:30〜18:30

事前のご予約で土曜相談も可能 TEL:06-6365-6105

離婚問題の一つである「モラハラ(モラルハラスメント)」。
代表的な疑問・悩みについて、Q&A形式でご説明致します。

言葉の暴力は離婚理由として認められますか?
認められることがあります。
精神的な虐待や嫌がらせを
「モラハラ(モラルハラスメント)」と言います。
暴言の他には、具体的にどのような行為がモラハラと認められますか?
無視される、舌打ちされる、体型のことをからかわれる、人前で馬鹿にされる、これ見よがしに大きなため息をつかれる等も、程度によってはモラハラと言えます。
「これはモラハラかも・・・」と感じることがあれば、まず弁護士等の専門家に相談することが大切です。
夫によるモラハラ・妻によるモラハラ、当事務所では両方のケースでご相談可能です。
モラハラの証拠って必要ですか?
必須ではないですが、証拠があれば離婚や慰謝料請求などの際に役立ちます。
被害を受けた日時・場所などを具体的に記したメモや、嫌がらせメールの履歴、会話の録音などがあると良いでしょう。
その他にも状況に応じてアドバイスいたしますので、なるべく早くご相談にお越しいただくことをお勧めいたします。